« 十代目金原亭馬生十八番名演集(続) | トップページ | 東穀寄席(第97回) »

2008.05.18

赤めだか

立川談春=扶桑社
談春は好きではないけれど、談志のエピソードが聴きたくて読んでみる。読んで、その文章の達者なことに驚く。客観・主観ともに見事に描き切る。アイロニーもあり、場面場面の描写も的確。ホント、頁を捲るのももどかしいという感じで読みました。しかし、これ、本当に談春が筆を執ったのかしら?談春が「談春」に“オレ”とか“ボク”とかのルビを振るという小賢しい真似をするだろうか?ま、それはともかくとして、談志のエピソードが好きな人には堪らない一冊かもしれません。また、文字助のエピソードも爆笑モノ!電車で読んでいて、笑いをこらえるのに必死。
談春の、入門から真打になるまでの事が、八話に渉って書かれており、二つの特別篇が付いている。しかし、この特別篇は余計だった。文の調子も違っている。せっかくのいいリズムがこの二編で損なわれている。こんなことに頁を割くくらいなら、本編でもっと談志の、文字助の、前座仲間のエピソードを書いて欲しかった。
とは言いながらも、特別篇で言及されている米朝の「除夜の雪」を聴きたいなと思ったら、幸いなことに偶々手元にあったので、それを聴いてみた。確かに、暗い噺だが、前半の珍念の抜け目無さが笑える所か。しかし、談春のそれを、わざわざ聴こうとは思わないが。
『人生、成り行き 談志一代記』なるものが、まもなく刊行されるようだが、この『赤めだか』、この談志本の露払いの役目も果たしているのかもしれない。

|

« 十代目金原亭馬生十八番名演集(続) | トップページ | 東穀寄席(第97回) »

BOOK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十代目金原亭馬生十八番名演集(続) | トップページ | 東穀寄席(第97回) »