« 新落語名人選・柳家小三治 | トップページ | 落語研究会(第454回)※ »

2006.04.26

志ん生のいる風景

矢野誠一=青蛙房
先日読んだ『文藝別冊 総特集・古今亭志ん生』のなかにこの本の写真が載っていたので、読みたくなっていろいろ探したが、文春文庫で出ていたものは、もう絶版になっているらしく、やむなく図書館で借りた。
『文藝別冊』の項で書いた円生、宇野信夫、坊野寿山の鼎談、馬生、小島貞二の対談は、この本でも言及されている。主だった資料は、何度も何度も使い回されているのかな。『文藝別冊』を読んで感じた円生の辛辣さは、この本によると、実際はもっと凄かったらしい。また、馬生の志ん生に対するアンビバレントな感情も、この本で、より具体的に知ることが出来た。
そのほか、新たに知った幾つかの事として、志ん朝が生まれたとき、志ん生は寄席で「桃太郎」ばかり演っていたことは知っていたが、八代可楽によれば馬生が生まれたときもそうであったらしいこと、また、志ん生もいくつか新作落語を演っていたらしいこと、等々。
この本で、矢野さんが信を置いているのは、結城昌治『志ん生一代』のようなので、遅ればせながら次にはこの本を読んでみよう。

口絵写真のキャプションに1946年とあるのは1964年の誤植だろう。しかし、いい写真だ。

|

« 新落語名人選・柳家小三治 | トップページ | 落語研究会(第454回)※ »

BOOK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新落語名人選・柳家小三治 | トップページ | 落語研究会(第454回)※ »