« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の11件の記事

2006.04.29

金馬のいななき

三遊亭金馬=朝日新聞社
CD、書籍などの利用に図書館を重宝している。しかし、困ることは、予約してあるものが一時に届く場合だ。少数ずつ予約してあっても届くときにはドンと届く。まあ、それは新刊の場合であるから、贅沢な悩みと言えばそうも言えるのだが。落語関係の書物は、それほど読むのに時間もかからないので、ともかく、期限内に返却すべく読書に励んでいる。
この本、資料も豊富で、落語会のプログラムや昔の写真なども多数収められている。その昔の写真で当代の金馬の若かりし頃の写真を見ると、目がギラギラしているというのが第一印象。今とは大違い。高座で必ず、舞台の袖から高座までの中途で一礼をする今の温和な表情からは思いもよらないような、“欲”に燃えた目。それは、今も弟子にも言う、芸人は売れなくてはダメだ、そして売れるためには何をやってもいいんだ、という信念から来るものだろう。またそれは師匠、三代金馬の教えでもあるのだが。
この本の白眉は、売れる小金馬が、芸人からも噺家からもいびられ、悩んだ挙句、師匠金馬のところへ相談に行く場面。そこでもやはり師匠金馬は言う“とにかく何でも売れなきゃダメだな。芸人は売れなきゃ何の値打ちもないんだよ。”そう言って、悩む小金馬に暗黙の励ましを送る師匠に涙ながらに頭を垂れる小金馬。
そして、この本、志ん朝との、馬生との、エピソードも多数。
また、<第二部 金馬のネタ帖>の項を読むと、どんなに噺を覚えても、その噺家の顔の造作と言うか、そのようなものまでもが影響して、その覚えた噺もやりにくいということもあるということを知る。そして、その噺のもつ旬。例えば「七草」、この噺、寄席で何度か聴いたことがあるが、これからは、一期のものとして聴かねば、との思い、強くした次第。
余談ながら、この項の最後に“初席と言えば、以前は桂文朝さんがよく「かつぎや」を掛けていたのですが、彼も逝ってしまいましたので、先日は、私が掛けました。”という箇所は、胸に迫るものがありました。

| | コメント (0)

2006.04.27

落語研究会(第454回)※

◆会場=国立劇場(小劇場)
◆日時=2006年4月27日(木)18:30開演
  ◇古今亭志ん太 「権助魚」
  ◇柳家三三 「三方一両損」
  ◇桂歌丸 「ねずみ」
 仲入
  ◇春風亭昇太 「ちりとてちん」
  ◇古今亭志ん輔 「お若伊之助」

続きを読む "落語研究会(第454回)※"

| | コメント (0)

2006.04.26

志ん生のいる風景

矢野誠一=青蛙房
先日読んだ『文藝別冊 総特集・古今亭志ん生』のなかにこの本の写真が載っていたので、読みたくなっていろいろ探したが、文春文庫で出ていたものは、もう絶版になっているらしく、やむなく図書館で借りた。
『文藝別冊』の項で書いた円生、宇野信夫、坊野寿山の鼎談、馬生、小島貞二の対談は、この本でも言及されている。主だった資料は、何度も何度も使い回されているのかな。『文藝別冊』を読んで感じた円生の辛辣さは、この本によると、実際はもっと凄かったらしい。また、馬生の志ん生に対するアンビバレントな感情も、この本で、より具体的に知ることが出来た。
そのほか、新たに知った幾つかの事として、志ん朝が生まれたとき、志ん生は寄席で「桃太郎」ばかり演っていたことは知っていたが、八代可楽によれば馬生が生まれたときもそうであったらしいこと、また、志ん生もいくつか新作落語を演っていたらしいこと、等々。
この本で、矢野さんが信を置いているのは、結城昌治『志ん生一代』のようなので、遅ればせながら次にはこの本を読んでみよう。

口絵写真のキャプションに1946年とあるのは1964年の誤植だろう。しかし、いい写真だ。

| | コメント (0)

2006.04.23

新落語名人選・柳家小三治

柳家小三治=ポリドール 「小言念仏」「大工調べ」「野ざらし」
今から15~20年ほど前に収録されたものか。今と比べて、やはり、声に力があり、テンポも速い。「大工調べ」の啖呵など、今ではもう無理だろう。しかし、今の小三治の、考え考え話す、言葉と言葉の間に暫し間が空く、そういう高座が面白い場合が多々あるものだから、始末が悪い。そういう高座を雰囲気ごと収録すると言うのは、至難の業ではあるだろうけれど、是非、商品化して欲しい。特に、SONYさんには、『歌ま・く・ら』もいいけれど、シリーズに収録されていない「二番煎じ」「鰻の幇間」など、朝日名人会で演っているものが幾つもあるのだから、それをCD化して欲しいものです。
 「小言念仏」=“どじょう”と“なんまいだ”を逆にいうところまで。
 「大工調べ」=与太郎が啖呵を切るところまで。
 「野ざらし」=ささった針を外すところまで。

| | コメント (0)

2006.04.22

落語特選35・林家三平

林家三平=ビクター 「源平盛衰記」「三平グラフィティ」
今から15~20年ほど前に収録されたものか。今と比べて、やはり、声に力があり、テンポも速い。「大工調べ」の啖呵など、今ではもう無理だろう。しかし、今の小三治の、考え考え話す、言葉と言葉の間に暫し間が空く、そういう高座が面白い場合が多々あるものだから、始末が悪い。そういう高座を雰囲気ごと収録すると言うのは、至難の業ではあるだろうけれど、是非、商品化して欲しい。特に、SONYさんには、『歌ま・く・ら』もいいけれど、シリーズに収録されていない「二番煎じ」「鰻の幇間」など、朝日名人会で演っているものが幾つもあるのだから、それをCD化して欲しいものです。
 「小言念仏」=“どじょう”と“なんまいだ”を逆にいうところまで。
 「大工調べ」=与太郎が啖呵を切るところまで。
 「野ざらし」=ささった針を外すところまで。

| | コメント (0)

2006.04.20

文藝別冊 総特集・古今亭志ん生

河出書房新社
内容の大半は既出のものだが、当方にとっては、初めて読むものがほとんど。
なかでも印象に残ったのは、志ん駒へのインタビュー、先代金原亭馬生と小島貞二の対談、円生、宇野信夫、坊野寿山の鼎談。
目次で志ん駒へのインタビューの項の見出しに「世の中、君の思うとおりにはいかないよ」とあるから、めずらしく志ん生が人生訓のようなものを垂れたのかしらと思ったら、そうではなく、志ん生が粗相をしてその後始末をした志ん駒に小遣いをやったので、志ん駒がまた小遣い欲しさに“師匠、たまにはウンコもらしてください”と言ったら、“世の中…”と言ったとか。また、面白いのは、パジャマの件も、志ん駒の発言と、小沢昭一・矢野誠一の対談での矢野の発言は微妙に違う。これは、誰が嘘を言ってるとかではなく、それぞれが感じたものがそうだったのだろう。
小島貞二は、かなり辛辣なことを言ったり、微妙なことを聞いたりしている。ちょっと、嫌な感じがするほどに。それに対して、馬生も言い難そうにしながらも、かなり思いきったことも言っている。次の志ん生を継ぐ話とか、志ん生という存在は他人にとっては喜劇であっても、家族(少なくとも馬生にとって)は、悲劇であるとか。また、一方で、志ん生から、“おれは碁を知らねえから『笠碁』も『碁泥』もできない。仕方がないから『雨の将棋』でやってるけど、この噺は将棋じゃだめなんだ。だから碁を習え”と言われたという話は、この話を知っただけでもこの本を読んでよかったと思っている。
しかし、なかでも一番笑ったのは、鼎談における円生の次の発言。

円生 日本橋に「日本、酒の店」というのがあって、銘酒の樽がずらりと三十ばかり並んでる。お膳があって、しじみ汁とこぶの佃煮のようなおつまみが五品ほど出ていて、これ無料なんです。つまり一本飲んだくらいじゃ出られない仕掛けンなってる。その店へ志ん生が弁当を持つてはいって「オマンマだけ食って出てこようと思ったら怒られた」 って(一同爆笑)。

当方も一緒になって大笑いしました。しかし、円生も、あちこちでかなり辛辣なことを言っているなぁ。
この本で、馬生はいろいろ言ってはいるけれど、『おしまいの噺』という本のなかにある、まった倶楽部の看板を玄関に掲げている馬生と志ん生二人の背中を写した写真がすべてを物語っているという気がします。

| | コメント (0)

2006.04.18

新落語名人選・桂文朝

桂文朝=ポリドール 「時そば」「初天神」「明烏」
今日は、故文朝を偲んで。
遅れてきた落語聴きとして、志ん朝を生で聴けなかったことは残念ではあるけれど、文朝を生で何度かではあっても聴けたことは、幸いであったと思っている。真面目でかつとぼけた表情で語る“マッカーサー”“寄席の言い伝え”等のマクラ、このCDにも入っている「初天神」、などで大いに笑い、また一方で「鼠穴」では、泣きもした。文朝の名を見たら、覗いてみようかというほどになっていたが、2月に入ると協会の今日の寄席に名前が載らなくなり、どうしたんだろうと思いつつ、18日の東京落語会に当日券を求めに行ったが、この日も休演で圓菊(この日の圓菊は酷かった。同じところを二度演っていた)が代バネだった。そして、4月の18日に訃報を聞く。告別式の日、居ても立ってもいられず、文朝が昼席トリの予定だった末広亭に行く。文生が代わりを勤めていたが、芝居は当然のごとく、何事もなかったかのように過ぎてゆく。この間、志ん輔、扇辰、市馬、三太楼などが自身のサイトで誠実な哀悼の文章を記していたが、なかでも雲助のその文章は哀悼する側とされる側との双方の人柄を彷彿とさせるよい文章だった。それからしばらくして東京かわら版に載った小三治と扇橋の対談を泣き笑いしながら読み渇を癒された。将来は、いっぱしの通を気取って、寄席ビギナーのだれかれを誘い文朝のことを教え、“いいですねぇ!”という言葉を聴き、胸をそらす事を夢想したりしていたのだが。
このCD、昨夜、床のなかで聴いたのだけれど、二席目の「初天神」のマクラを例の口調で“元旦から超満員で。末広亭の遠藤支配人から今日の入場者数が発表されまして大体55000人だそうで”というと、客席からも大きな賑やかな笑いが弾けていたが、当方も大笑い。
今後、さらに文朝のCDが例のマクラ入りで発売されることを期待しています。

| | コメント (0)

2006.04.16

さん喬を聴く会(VOL.91)

◆会場=森下文化センター
◆日時=2006年4月16日(日)17:30開演
  ◇柳家喬之助 「寄合酒」
  ◇襲名披露口上
  ◇柳家喬太郎 「諜報員メアリー(?)」
  ◇柳家さん喬 祝舞<老松>
  ◇柳亭左龍 「鹿政談」
 仲入
  ◇林家二楽 紙切
  ◇柳家さん喬 「妾馬」

続きを読む "さん喬を聴く会(VOL.91)"

| | コメント (0)

2006.04.15

芸協音づくし

浅草ジンタ/桂歌丸/三遊亭小遊三=テイチク
副題に(社)落語芸術協会創立75周年記念とある。
浅草お茶の間寄席で紹介していた、このCDが図書館にあったので借りる。
冒頭に怪鳥(本人の弁)・歌丸と副会長・小遊三との対談。
それから、バク助という芸協のマスコットキャラクターのテーマソング。
そして、歌丸、小遊三、米丸の出囃子のマーチング・バージョン。
最後に、芸協賛歌<親父の小言>。これは、芸協の噺家の芸名を織り込んだもの。
余白にこれらのバンド・バージョン、カラオケ・バージョン等が収められている。
正直、この商品の購買層がイメージできない。浅草演芸ホールに来る主客の年齢層には、これらの曲はちょっとテンポが速すぎはしないだろうか?
副題の通り、あくまでも記念に作製したものなのかもしれない。
収録時間=47分程。

| | コメント (0)

2006.04.13

落語のすべて

TBS落語研究会=日本文芸社
図書館の蔵書を検索していたら、こんな本があったので、借りて読む。
TBS落語研究会編となっているので、TBSが主催する第一回からの落語研究会の演目が載っているかと思ったが、残念ながら、それは載っていなかった。今、落語ブームらしいので、新たにそのデータも載せて新版を出してもらいたいものだ。
本の内容は、今はやりの落語ムックを書籍にしたようなものといえようか。だから、各項目がより詳しい。
奥付をみると、発行が平成11年で、たい平、喬太郎がまだ二つ目。この二人の写真の若いこと!特に、喬太郎の写真は、イメージが今とはかなり違う。
小三治のインタビューも載っているが、他で目にしたのと大差はない。

| | コメント (0)

2006.04.06

完本・突飛な芸人伝

吉川潮=河出文庫
昭和の63年に単行本が出てるそうだから、ちょっと古い(?)かな。この河出文庫、最近、装丁も変わって演芸関係の本も種々出てるみたいだけれど、既にどこかで出たものをまた出してるようですがね。値段も文庫にしちゃあ高くはないか。
やはり、落語家の川柳、小三太、志ん駒の項を楽しく読みました。小三太と言う噺家、一度見てみたいものです。志ん駒のヨイショは本当にここまでくれば一つの立派な芸ですね。他の芸人さんの項も面白く読んだが、やはり、幾許かの哀愁が漂います。
それよりも、解説を書いた昇太にビックリ。筋の通った文章に噺家としての気概が感じられました。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »