« 落語研究会(第447回) | トップページ | 落語研究会(第448回) »

2005.10.22

さん喬を聴く会(VOL.89)

◆会場=深川江戸資料館(小劇場)
◆日時=2005年10月22日(土)18:00開演
  △柳家さん作 「饅頭怖い」
  ◇柳家喬之進 「唖の釣」
  ◇柳家さん喬 「付き馬」
  ◇メイキングブックス ハワイアンバンド
 仲入
  ◇柳家さん喬 「柳田角之進」

さん喬、「柳田角之進」、最高。入念。最後は、馬生と志ん朝との融合。迎えにいった柳田の娘ミツは、白髪で老婆のようになっていたが、番頭の篤い看病で良くなる。そして、二人は結ばれ、子供が出来、その子供が柳田家のあとを継ぐというもの。マクラなしで焼く一時間の熱演。
なお、チラシ、パンフレットには「柳田之進」となっていたが、作成したデザイナーの弁によるとデザイナーのミスだそうだ。さん喬自身は「柳田之進」を通常使用するとのこと。

|

« 落語研究会(第447回) | トップページ | 落語研究会(第448回) »

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 落語研究会(第447回) | トップページ | 落語研究会(第448回) »