« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の5件の記事

2005.03.31

落語研究会(第441回)

◆会場=国立劇場(小劇場)
◆日時=2005年3月31日(木)18:30開演
  ◇柳家さん光 「寄合酒」
  ◇三遊亭歌之介 「代り目」
  ◇五街道雲助 「一分茶番」
 仲入
  ◇林家たい平 「粗忽の釘」
  ◇柳家小三治 「野ざらし」

続きを読む "落語研究会(第441回)"

| | コメント (0)

2005.03.15

前説

これから、折々に聴いた寄席での、また、ホールでの噺をここに記録していく。
以下は、これまでに足を運んだ噺会の記録。

 01 2000.05.20 鈴本演芸場五月中席
 02 2001.06.25 新宿末広亭六月下席
 03 2003.03.11 柳家小三治独演会
 04 2004.01.12 新宿末広亭正月ニ之席
 05 2004.02.22 国立名人会(第264回)
 06 2004.03.25 柳家小三治独演会
 07 2004.04.03 新宿末広亭四月上席
 08 2004.05.02 浅草演芸ホール五月上席
 09 2004.06.19 朝日名人会(第44回)
 10 2004.06.27 新宿末広亭六月下席
 11 2004.07.10 朝日名人会(第45回)
 12 2004.10.29 落語研究会(第436回)
 13 2004.11.22 落語研究会(第437回)
 14 2004.12.02 池袋演芸場十二月上席
 15 2004.12.09 池袋演芸場十二月上席
 16 2004.12.24 落語研究会(第438回)
 17 2005.01.04 落語研究会(第439回)
 18 2005.01.07 鈴本演芸場正月初席
 19 2005.01.08 さん喬を聴く会(第86回)
 20 2005.01.20 新宿末広亭正月ニ之席
 21 2005.01,25 落語研究会(第440回)
 22 2005.02.02 鈴本演芸場二月上席
 23 2005.02.05 鈴本演芸場二月上席
 24 2005.02.07 鈴本演芸場二月上席
 25 2005.02.10 鈴本演芸場二月上席
 26 2005.02.18 東京落語会(第548回)
 27 2005.02.28 新宿末広亭二月下席
 28 2005.03.01 鈴本演芸場三月上席
 29 2005.03.10 鈴本演芸場三月上席
 30 2005.03.13 池袋演芸場三月中席

続きを読む "前説"

| | コメント (0)

2005.03.13

池袋演芸場三月中席

◆会場=池袋演芸場
◆日時=2005年3月13日(日)14:30頃入場
  ◇川柳川柳 「ガーコン」
 仲入
  ◇三遊亭白鳥 「新・寿限無」
  ◇五街道雲助 「身投屋」
  ◇大空遊平・かおり 漫才
  ◇三遊亭圓丈 「一ツ家ラブストーリー」
 ――――――――――――――――
  △柳家生ねん 「桃太郎」
  ◇林家すい平 漫談
  ◇マギー隆司 奇術
  ◇入船亭扇好 「そば清」
  ◇三遊亭吉窓 「ぜんざい公社」
  ◇大瀬ゆめじ・うたじ 漫才
  ◇柳家小袁治 「金明竹」(東北弁版)
  ◇桂南喬 「権助芝居」
  ◇東たかし・京二 漫才
  ◇金原亭馬の助 「相撲風景」・百面相
 仲入
  ◇三遊亭金八 「くっしゃみ講釈」
  ◇柳亭市馬 「山号寺号」
  ◇林家正楽 紙切
  ◇林家たい平 「幾代餅」

*前説以前
白鳥を初めて観る。
雲助の「身投屋」初めて。
圓丈、面白い。受けてた。
前座の生ねんは、メクリを二度も間違えた。馬の助の時に、客、注意する。
すい平は、漫談ともいえない。単なるくだらないダジャレの連発。
小袁治の東北版「金明竹」初めて。
たい平の「幾代餅」、良かったのに、前の席の客が帰り支度のビニール袋の整理を始め、興醒め。たい平も気をそがれ、チクリと嫌味を言い、集中力がそがれる、と言う。

| | コメント (0)

2005.03.10

鈴本演芸場三月上席

◆会場=鈴本演芸場
◆日時=2005年3月10日(木)17:30頃入場
  ◇柳家小権太 「金明竹」(途中入場)
  ◇鏡味仙三郎社中 太神楽
  ◇柳家一九 「幇間腹」
  ◇橘家圓太郎 「強情灸」
  ◇古今亭菊丸 「親子酒」
  ◇林家正楽 紙切
  ◇柳家三太楼 「熊の皮」
  ◇五街道雲助 「初天神」
 仲入
  ◇柳亭市馬 「転宅」
  ◇昭和のいる・こいる 漫才
  ◇柳家権太楼 「佃祭」

*前説以前

| | コメント (0)

2005.03.01

鈴本演芸場三月上席

◆会場=鈴本演芸場
◆日時=2005年3月1日(火)17:20開演
  △柳家ごん坊 「寿限無」
  ◇柳家右太楼 「一目上がり」
  ◇鏡味仙三郎社中 太神楽
  ◇柳家一九 「湯屋番」
  ◇春風亭正朝 「初音の鼓」
  ◇古今亭志ん輔 「強情灸」
  ◇林家正楽 紙切
  ◇柳亭市馬 「雛鍔」
  ◇五街道雲助 「ずっこけ」
 仲入
  ◇柳家三太楼 「風呂敷」
  ◇昭和のいる・こいる 漫才
  ◇柳家権太楼 「素人義太夫」

*前説以前

| | コメント (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »